加藤喜一  -MORE THAN THIS- 
     Keach Kato's Daily Column
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
9/15(土) 来週末Sam’s Barに出演します♪

 

 来週末23(日)は、横浜野毛・Sam’s Barでのライヴで、スペシャルゲストとしてソロで出演します♪

 出番は最後。50分くらいのステージです。

http://www8.plala.or.jp/samsbar/schedule.html

 

 Sam’s Barでのソロは久しぶり。お待ちしています。

 

 京阪ライヴで被っていたDobbsのヴィンテージパナマ。内側のスベリは革なのだが、おそらく汗をかいたせいで、革が縮まり、なおかつ硬くなってしまい、部分的にひび割れもできてしまった。

 以前、靴磨き用として使っていたドイツ製のラナパーというワックスは、ビーズワックスとホホバオイル配合で、ほとんどの革製品に使える便利なシロモノ。保革、保湿、革に栄養を与え、しかもクリーンアップする。なので、改めてラナパーを購入し、さっそくスベリ部分に塗布してみた。1、2日置いて、少しでも革が柔らかくなっていればと期待している。ほかの帽子にも使えるし、ギターのストラップにも使えるはずだ。

 同時に、帽子のリペアショップも検索しているが、なるべくなら修理に出さずにオリジナルのままにしておきたいと思っている。とりわけヴィンテージパナマはリペアショップでも扱いが難しいので。

 

 

(bgm nothing)

 

9/14(金) Thanks♪中野坂上aja

 

 昨日13(木)は中野坂上・ajaでペガサス河西プロデュース加藤喜一ライヴでした。

 いらしてくれた方々Thanks♪

 

 京阪ライヴからようやく疲れが抜けたかなという感じ。

 昨日は以前からコンタクトのあった戸越の旬菜料理あかだのママが来店。あかだではすでにタツミさんの紹介で12/21に加藤喜一&長洲辰三ライヴが決まっているが、ママは自分の店の出演者は、まず自分の目で観るというポリシーがあり、昨日初めてオレのライヴにお越し下さった。ありがたいことです。

 

 その、あかだでのソロライヴは、10/9(火)に決定♪オレのサイトのLIVEページ、あかだのブログ、Facebookで、告知し始めたところです。

http://keachkato.com/live.html

 

 そして次回、ajaは10/11(木)です。

 

 

(bgm nothing)

 

9/12(水) 2018年 9月京阪ライヴ その2 京都

 

 

 

 翌9(日)も雨予報だったが、雨は夕方に一瞬降っただけで曇り。

 三条イノダでモーニングのあと、迎えの車で鞍馬山を目指すことに。鞍馬天狗の鞍馬山。有名な鞍馬寺がある。一昨年、鞍馬山を挟んだ反対側の貴船には行っていた。その前に、上賀茂神社内にある新宮神社で毎月第2、4日曜のみ頒布する御朱印をもらいに寄る。この情報はたじたじマスター・藤本さんが送ってきてくれた月刊京都に記載されていた。

 

 ところが、前夜の疲れがあったのか、「上」と「下」を間違え、なんと下鴨神社に行くように伝えてしまった。まあ、上賀茂と下鴨はセットで参拝することが常なので、結果的に間違いではないのだが、・・・やっぱり間違いは間違いか。

 下鴨神社も台風21号による被害を受けていて、鳥居のそばの樹木をはじめ、至る所に倒木が…。が、さすが有名神社だけあって、それでも参拝客は多く、神社は活気にあふれていた。上賀茂神社に移動し、敷地内の新宮神社で、ようやく龍の絵が描かれた限定の御朱印を奉書でいただく。むろん本殿にも参拝。

 

 鞍馬山と貴船の分かれ道。貴船方面は通行止めの表示。同じ山道であるが、貴船方面は道幅が狭くなっているので、通行止めは台風の影響であることは間違いない。ひょっとして鞍馬も?と思ったら、鞍馬駅までは行けたもの、鞍馬寺の本殿まで(徒歩)はやはり立ち入り禁止となっていた。この本殿までは本来であればケーブルカーで登り、あとはひたすら山を歩くというかなりハードなところであるらしいのだが、入れたのはケーブル山門駅のある普明殿まで。山門からわずか1、2分のところである。

 本殿まで登って行かなくてはいただけない御朱印を、台風の影響で通行止めになったことで、ここでいただけることになったのは、オレにとってはラッキーであった。また通常の御朱印のほかにご詠歌を書いた御朱印もいただいた。

 ここに来るには車、バスのほか、叡山鉄道があるが、これがなんと線路の上に何本もの倒木。電線もたるんでいて、また背後の山の樹木がごっそり斜めっているという、台風の凄まじさにまたしても驚くと同時に、これから秋の観光シーズンだというのに実に気の毒なことである。

 

 市内に戻り、一条堀川の安倍晴明で有名な清明神社へ寄ってから、遊心亭たじたじへ。

 マスターの藤本さんと再会。雑談しつつセッティング。アンコールで予定していたCreamのSunshine of your loveを藤本さんと合わせてみる。なんか今イチ…。この日のために、Cream時代のクラプトンを彷彿とさせるアフロヘアーのカツラまで用意していたが。

 

「じゃあ、これは?」

 

 70年代後半から80年代中盤にかけてライヴのオープニングでクラプトンが演っていたTulsa timeをちょっと弾き出したら、サビのパートの歌をハモってついてきてくれた。さすがはオレと同じクラプトン・フリーク。

 

「カツラはそのままで!」

 

 さて、本番。いらしてくれた方々Thanksでした♪たじたじでは、ここでいつも会う人たちに会えるのが実にウレシイ。今回、おそらくは叡山鉄道が運行できないため、来られなかった方もいたはず。お顔が浮かびます。そういう意味でも早く復旧することを切に願っている。

 

 最近演りだした山下達郎カヴァー、Paper dall。これをご存知の方がいたのは嬉しかった。このあたりの達郎の曲の元ネタはおそらくBill Withersだろうとオレは思っている。ともあれ、ニューミュージックと呼ばれた日本のポップス、ロックには名曲がたくさんあるが、これもその一つであることは間違いない。自分が作る曲は、聴いてきたすべての曲の影響下にあるが、山下達郎の楽曲たちもそのひとつである。いまだ練習中の感はあるが、さらにブラッシュアップしていきたいと思っている。

 

 大阪に続き、京都も盛況のうちに終了♪次回は来年1月に。

 たじたじの前に建っている、ホテルロイヤル&スパはオレも何度か宿泊したことがあったが、なんと閉館。夜、見上げると真っ暗な元ホテルは、もはや廃墟のような佇まい。だが、今度来たときにはまた、別のホテルとなっているのかもしれない。

 

 翌10(月)、この日も天気予報は終日雨マークだったが、オレが行動を開始した昼過ぎには晴れ。青空まで広がっていた。まあ、途中、少々小雨は降ったが。

 新京極界隈を歩き、本能寺で御朱印を。寺町でローストビーフ丼を食し、蹴上へ。何度も訪れている南禅寺へ向かい、定番コースである永観堂までを歩く。もみじが有名な永観堂。ここってこんなに広かったんだっけ?と感じたのはおそらくはライヴの疲れからかもしれず。畳の部屋で座り込み、しばし、ぼーっと。

 ホテルに戻り、楽器とスーツケースを受け取り、京都駅へ。

 名古屋を過ぎたあたりで知らず知らず眠ってしまい、静岡あたりで外を見ると雨。当然ながら東京も雨だった。たしか1月のときは雪だったな。次回こそ晴れを期待して止まないところではあるが、まあ、オレの場合は京阪の天気が良ければそれで良しである。

 

 いろいろお世話になった方々Thanksでした♪そして、関西の台風被害の早い復旧、復興を願っています。

 

 さて、明日13(木)は、東京は中野坂上・ajaでペガサス河西プロデュース、加藤喜一ソロナイト7です。

http://aja-bar.jp/

 

 

(bgm nothing)

 

9/11(火) 2018年 9月京阪ライヴ その1 大阪

 

 

 

 8(土)は京阪ライヴ・大阪、ギャルリー・チガーヌでSALLYの岡田尚とのセットでした♪いらしてくれた方々Thanksです!

 

 この日、東京は朝から久しぶりの激暑。9:00前にはすでに30℃超えだったが、三島あたりから雲が厚くなってきて、あとはずっと曇り空が続き、新大阪に降り立ったときも曇り空。全国一猛暑日が多いはずの大阪の残暑を期待していたのだが、なんとわずか23℃という嘘のような涼しさで迎えられた。

 そして、先般の台風21号の爪痕が至るところに、まざまざと…。

 

 中心地であるキタの街路樹はところどころで根こそぎ倒れていたり、裂けていたり、いまだ撤去されないまま放置されているゴミなども多く目にした。

 また高架から見たミナミの繁華街では、雑居ビルの屋上のプレハブのペントハウスが潰れたままになっていたり、取れかけた看板の類いも散乱している状態。関空のニュースばかりが取り上げられがちで、この程度ではもはやニュースにならないのかもしれないが、台風がいかにすさまじかったかを十分物語っていた。翌日の京都でも同じような光景を目にすることになる。

 

 さて、そんな中、例によってチガーヌ入りするまでの時間を御朱印と神社参拝にあてることに。今回は新大阪周辺の神社を。まずは通称、江坂神社へ。そし住吉大社ではなくて住吉神社。

 

 こちらの住吉神社も被災していて、大きな石燈籠が2基倒壊。本殿隣の小さい社は屋根ごと後ろに吹っ飛んでいて、樹木は落雷にあったのか途中でざっくりと裂けていた。御朱印をもらった際、「それでも本殿は奇跡的に無事でした。台風の前には地震もあり、それでも被害があり、これでもずいぶん片付いた方です」と、神社の方がお話されていた。また次に廻った次に垂水神社も、裏手の竹藪がずり落ちるように斜めに傾いていた。いやいや…、本当に、まあ、ちょっと言葉にならない。

 

 チガーヌ入り前に、まだ時間があったので、船場のレトロな喫茶店で一服。東京では浅草あたりにあるかないかのような佇まいの店。大阪にはまだまだこういう昭和的な店が多く残っている。

 

 さて、チガーヌは9回目のライヴ。岡田尚は相変わらず真っ黒で、すこぶる元気だった。オーナーの宮尾さんは、1ステージのラストでオレのオリジナル「EMBM」にベースで参加。練習していたようだったが、リフが微妙に違っていて、まあ、そこはご愛嬌。緊張感が伝わってくる良い本番となった。

 

 そして、時事ネタソングのコーナーは、同年代でもある漫画家・さくらもももこ追悼ということで「おどるポンポコリン」をチョイス。東京を出るまではシャネルズ「ハリケーン」も視野に入れていたのだが、さすがにシャレにならないと苦渋の、いや、常識的判断で却下。また、岡田尚のアイディアでは、「ちびまる子ちゃん」で西城秀樹が歌っていたエンディング曲という意見もあった。ダブル追悼ということで、それもアリだったかもしれない。

 本番では、坪倉唯子に似せた歌い方で岡田尚が歌っていたが、お客さんたちはわかってくれただろうか。そんなこんなで、今回も盛況のうちにライヴ終了♪

 打ち上げも多くの方が参加してくれました。Thanksです。また都合がつかずに来られなかった方からもメッセージ頂戴しました。次回ぜひ♪

 

 蛇足ながら、晴れ男復活なのか、天気予報ではこの日一日雨マークが付いていた大阪だったが、夕方には青空が広がった。ただしライヴ中は雨に。だが、終了後には雨は止んでいた。

 

 ともあれ、今年の夏は暑さだけでなく、台風、地震、豪雨に見舞われた稀有な夏となった。聞けば大阪、兵庫、京都も台風の影響で停電したところが多く、復旧まで1日半以上もかかったと。停電はツライ…。そんな中、多くの方に来ていただきホント感謝しています。

 

 さて、オレはこの夜、京都に移動することなる。

 

 

(bgm nothing)

 

9/7(金) 明日から京阪ライヴ♪

 

 

 

 明日から京阪ライヴ♪

 9/8(土)大阪・ギャルリー・チガーヌ、加藤喜一with岡田尚(ex.SALLY)

 9/9(日)京都・遊心亭たじたじ、加藤喜一ソロ

 天気が少々心配ですが、何はともあれ陽気にやりたいと思っています。お待ちしています!!

 

 御朱印帳も入れて準備は万端…だと思うが。さて。

 

  9月8日 (土) 京阪2Days その1・大阪
加藤喜一 with 岡田尚 (ex.SALLY)@ギャルリー・チガーヌ Vol.9 

 大阪/南船場・ギャルリーチガーヌ

Facebook

加藤 喜一 (vocal,acoustic guitar,blues harp)
岡田 尚(cajon,percussion,vocal)




■ OPEN 17:30  START18:30  2ステージ
■ charge ¥3,500 (1ドリンク付き)
お問い合わせ
ご予約
TEL 06-6266-6700 / 090-1485-8699 
メール galerietzigane@gmail.com
大阪市中央区南船場1-7-3
最寄り駅:地下鉄堺筋線or長堀鶴見緑地線 長堀橋駅1番出口

★ライヴ終了後、打ち上げ開催(要別途会費)いたします。是非♪


 

 

    9月9日 () 京阪2Days その2・京都
加藤喜一 Solo 
歌とギターとブルースハープ@『遊心亭たじたじ』
Vol.22
 
京都/河原町三条・遊心亭 たじたじ

加藤 喜一 (vocal,acoustic guitar,blues harp)

■ OPEN 18:00  START19:00  2ステージ
■ charge ¥3,000(1ドリンク、1フード込み)  
お問い合わせ、ご予約
TEL 075-221-6604 
平日17:30〜2:00 金土17:30〜5:00 日祝17:30〜24:00 

京都市中京区河原町通三条上ル下丸屋町401-6
最寄り駅:京都市営地下鉄東西線 京都市役所前駅 地下街ゼスト御池1番出口より徒歩1分


★ライヴ終了後、打ち上げ開催(要別途会費)いたします。是非♪

 

 

(bgm speak low/ walter bishop.jr)

 

 

9/6(木) Thanks♪ヨコハマ

 

 昨日は横浜野毛・Sam’s barで加藤喜一&内海利勝with KONDY♪

 いらしてくれた方々Thanks!です。

 本番中、たびたび音がハウったりして、何度かセッティングをし直したりしたが、まあ終わりよければすべて良しということで。珍しいことです。おかげでKONDYさんの民謡も一節聴けましたし。

 

 昨日は北海道からお越しの方もいて、楽しんでくれたようですが、今日の未明の北海道の大地震で、おそらくしばらく帰れないのではと心配している。と同時に北の方々の無事を祈る次第であります。

 それにしても停電はさぞ辛いと思う。

 電気がなければ暮らせないのは、現実であるから。

 

 そんな中、所用で舗道を歩いていたら、後ろから小学生の女の子の大声と同時に、彼女の乗った自転車が激突。右足向う脛に鋭い痛み。後ろからなのに、なぜか前の、脛を怪我してしまった。大したことはないのだが。いまだにどういう状況だったのかよくわからない。必死に謝る小学生の女の子に対し、全然怒る気にもなれず、「大丈夫大丈夫」と云いながら立ち去った。

 これも天災か?いずれにしてもいつ何が起こるかわからない。

 

 さて、次回Sam’s bar、加藤喜一&内海利勝with KONDYは11/16(金)。その前に、今月23(日)にSam’s barで、急遽ゲストとしてソロで演ることになりそうです。詳細は後日。

 

 

(bgm nothing)

 

 

9/4(火) 明日は横浜♪ですが

 

 何はともあれ、西の方々の無事を祈ります。

 ニュース映像で見る限りでも、とりわけ風の強さはハンパじゃなかったようで、今さらながら台風の凄さを思い知らされた。東京も夜から、それなりに強風が吹いてはいるが、関西の比ではないと思う。

 

 さて、明日5(水)は横浜野毛・Sam’s Barで加藤喜一&内海利勝with KONDY♪

 20:00スタートです。

http://www8.plala.or.jp/samsbar/schedule.html

 

 

(bgm nothing)