加藤喜一  -MORE THAN THIS- 
     Keach Kato's Daily Column
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 6/25(木) 昨日はDoctorありがとうございました♪ 明日はRAMです♪ | main | 6/28(日) 加藤 喜一&内海 利勝 with コンディ 7/2(木)無観客配信ライブです。 >>
6/27(土) RAMライヴでした。Thanks♪ 

 

 昨日26()は、鎌倉・Bar RAMで緊急事態宣言以降、お客さんを入れての初めてのライヴでした。

 いらしてくれた方々Thanks

 RAMでの顔なじみのお客さんも入れ替わり立ち替わり現れて、かつてのようなホットな雰囲気だった。

 RAMオーナーのKenちゃんも終始ゴキゲンで、例によって後半はセッション。ライヴに満足したようだ。

 

 さて、昨日の朝は、オレは完全に寝不足で、伴野さんから上がってきた直しのMixが、思っていた通りになっていなかったことに一晩中悩んでいたからだった。元を正せば、オレの送ったメインのVoトラックの一部が不出来なせいなのだが、そこに思い至るまでに何度も逡巡し、録り直す覚悟をしてようやく寝たわけで、つまり自分に腹を立てていたということなのだが…。

 

 3時間で目が覚め、鏡を見たら、眉間と額に深い縦皺が4本!目の下には隈が出来、その周りにも皺が。まるで悪霊に祟られたような顔をしていて、自分でもどん引き。

 

 伴野さんに、部分的に録り直すことを伝えるメールを送ると、別のVoトラックから差し替えてはどうかという返事があり、よく考えれば、部分的なところなので録り直すほどのことでもないのかもしれない。さらには、声の音色が変わってしまうと繋げられないということも伝えられた。普段であれば、そういう考えにオレも行きつくのだろうが、悩みに悩んで、冷静さを失っていたのかもしれない。伴野さんの意見に従い、部分的に差し替えてもらうことにし、昼から少し寝ることにした。次に起きたときは、だいぶマシな顔に戻っていた。

 

 RAMでは気持ち良くライヴが出来たおかげで、前夜の悩みも発散できたようで、また伴野さんからは改めてMixを仕上げて送ると連絡が来たこともあり、昨日の夜はぐっすりと眠ることができた。

 で、今日、さっそく届いたMixをチェック。

 

 バッチリでした♪

 

 申し分ない旨をまた伴野さんに伝え、じっくり聴いてくださいとのことなので、しばし、寝かせて、また聴き直してみるが、間違いなくパーフェクトだと思う。

 

 

(bgm nothing)