加藤喜一  -MORE THAN THIS- 
     Keach Kato's Daily Column
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 9/10(火) 京阪ライヴ その1 大阪 | main | 9/13(金) Eggman.t.e、aja、いらしてくれた方々Thanks♪ 明日は草枕でソロ♪ >>
9/11(水) 京阪ライヴ その2 京都

 

 

 

 先週末の京阪ライヴ、お越しいただいた方々Thanksです♪

 昨日の続き。

 8()は京都河原町三条の遊心亭たじたじでソロライヴ。この日も朝から猛暑。予想最高気温は36℃。河原町通りに立つと、クラクラしそうなくらいの眩しい陽射し。そして大阪とは異なるムシムシとした京都ならではの暑さだが、京都という町は気の流れがあるとでも云うのか、どこを歩いてもスッキリした落ち着いた気分になるので、こんな暑さでも決して不快ではない。

 

 京阪スタッフとともに、まずはオレの希望で祇園の八坂神社へ。ネットで検索し、いいなと思っていた八坂神社の御朱印帳を買い求めることに。窓口で、あらかじめ決めていたピンク系の御朱印帳を求め、御朱印を書いてもらうのを待つあいだ、ほかの御朱印帳が目に入り、「あ、こっちの方が良かったか…」とすでに心移り。値段は倍額であるが、つくりが違うし、中の紙が上質である。「だけど、もう1冊買うのもなんだしな〜」と逡巡しつつ、とりあえずは京都でのこの日のライヴの成功を祈願し参拝。参拝するときには、その神社のご神名を心の中で唱えることが重要だそうだ。ちなみに八坂神社の祭神はスサノオノミコト。

 

 車で移動した先は、京阪スタッフのおすすめで、今回は近江神宮と比叡山延暦寺。京都を越えて滋賀県内に入るが、時間的には30分そこそこ。近江神宮はかねてから行ってみたかった神社だった。観光地化した神社仏閣が多い中、ここはまったくそんな気配はなく、綺麗に整っていて凛とした印象。

 昼食は遊心亭たじたじのマスターに勧められた近江神宮内の蕎麦屋で取るつもりでいたが、店の扉に「そば粉が調達できず10月まで休業します」の張り紙が。うーむ…。そば粉10割の蕎麦を食べてみたかった。

 で、車でさらに移動し、琵琶湖畔に出たところにある鶴喜そばで昼食。広い駐車場はすでに満車で、ここはどうやら人気店のようだ。今回京阪ライヴでやって来て、初めて店に入って食事を取ったのがここであった。美味であった。

 

 そして比叡山へ向かう。典型的なクネクネした山道をひた走ると、やがて絶景が目の前に。広大な琵琶湖だ。猛暑、快晴で視界は超良好。山の上から眺めた琵琶湖には、ヨットやマリンジェットがいくつも浮かんでいた。京都は海がないので、夏は琵琶湖に行く人が昔から多いのだそうだ。先日の湘南・材木座海岸でのライヴのときが最後の夏だなあと思っていたが、どうしてどうして、まだ夏は続いていた。

 さらにひた走り、比叡山延暦寺に到着。もちろん初めてである。信長によって焼かれたという史実は有名。

 そしてここはまあ、広い上に、山の中にあるため敷地内のアップダウンがとても多い。

 坂、坂、坂、石段、階段、石段。そして猛暑。すべて廻り切ることは不可能なので、ポイントを絞っていくつか拝観し、御朱印(ご納経)をいただく。昨日の疲れも色濃く残っていたし、さすがにこのあとのライヴにも差し支えるので、適当なところで引き上げることにした。

 

 河原町三条の遊心亭たじたじに到着。マスターの藤本さんがまたオレのライヴのプロモーションビデオを作ってくれていて、その「作品」を鑑賞する。映画「ミッションインポッシブル」的な、かなりオオゲサなビデオだったが、何はともあれ歓迎してくれていることが何よりありがたい。ちなみに製作期間は3時間とのこと。

 この「作品」は、ライヴ後の打ち上げ参加者によるじゃんけん大会で勝ち抜いた方がDVDで進呈された。藤本さんとは毎回1曲セッションしているが、今回はクラプトンの「Bellbottom Blues」。クラプトン好きな点がお互い共通しているのだ。

 

 たじたじでのライヴも大盛況でした。2Days来られた方々に加え、毎回ここでのライヴに来て下さる方々、そして初めての方々にも好評だったようでホッとした。この日も男性客がいらしてくれて、その全員が打ち上げまで参加。関西のオトコたちに歓迎されるのは心から嬉しい。しかもオレより年上の方も。中でも京都市役所に勤めているという方の気遣い溢れるもてなしには感激した。

 また、祇園でShiny DaysというBarをやっている大澤さんは、かつてkento’sで歌っていて、今は自分のお店で時折ライヴをやっているとのこと。しかもバージンブルーを歌っていると!ほかにもいろいろ興味深いお話をさせていただいた。

 2日続けて来てくれた大阪の男性は、最近になってオレの存在をネットで知り、急遽いらしてくれたとのことだが、その瞬発力にはアタマが下がる。ともあれ、みなさん最後まで楽しんでもらえてホッとしています。

 例によってたじたじでの打ち上げは深夜2:00を回った。

 

 翌日も猛暑。関東では台風が直撃し、交通が大混乱とのニュースをネットで見たが、京都市内は依然として真夏!

 東京に向けて送る荷物を発送し、新京極、寺町付近で和食の店を物色。路地を入ったところで見つけた割烹料理の年増という店に入る。カウンターだけで主人ひとりきりの店。ここが大当たりだった。親子丼メインにいくつかの小鉢が付いていて、どれも超美味。湯葉の吸い物と自家製の糠漬けはまさに京都の味がした。その後、三条イノダで一服。そして、前日から逡巡していた八坂神社で見つけた御朱印帳を、やはり買うことにし、今回の京阪ライヴが大盛況だったことへのお礼参りも併せてすることにした。

 

 祇園・八坂神社から徒歩でホテルに帰着。猛暑とはいえ、やはり京都の町はぶらぶらと歩きたくなる。

 

 今回も濃厚な23日の京阪ライヴツアーになった。いらしてくれた方々、お世話になった方々へ感謝!そして滞在3日間の好天に感謝。

 さらにブラッシュアップし、次回ライヴに備えたいと思っています。また〜♪

 撮った写真は、instagramに多く上げるつもりでいます。https://www.instagram.com/keachkato/

 

 

 

(bgm nothing)