加藤喜一  -MORE THAN THIS- 
     Keach Kato's Daily Column
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 12/4(月) 「まあ、いっか」 | main | 12/6(水) 明日はCHAD♪ >>
12/5(火) various 12/5

 

 

 

 

 シベリアに停滞している寒気渦の影響で、日本列島は首都圏を除いて寒気に覆われている。

 今日の東京は快晴。日中は暖かだった。まあ、この夏は、関東から仙台にかけては冷夏だったので、少しくらい暖かさの恩恵を受けても良いはず。だが、これも長くは続かず、明日朝には東京も寒気に覆われるとの予報。

 

 

 資料等の整理はようやく終了。

 整理用に買っておいたフラットファイルのサイズが合わず、文房具屋で買い直す。

 

 音源のプレイバックを。

 自分のライヴテイクを改めて聴き直し、直しておいた方が良いと思うところをチェックしているのだが、これが次のライヴが近いと「さあ、やり直すぞ!」という気になる曲と、「しばらくやめとこ…」と弱気になる曲が出てくる。

 前回草枕で演った曲は、ありがたいことにすべて前者であった。

 

 You Tubeで見つけたクラプトンのリリースされなかった80年のスタジオアルバムを聴く。

https://youtu.be/c08ULekLEGo

 クラプトンがもっとも地味だった80年頃。地味というかドラッグに加えてアル中になっていた頃だ。毎日手当たり次第にボトル2本空けていたということが、たしか自伝に書かれていたはず。また、ドミノス時代からの盟友であるベーシストのカール・レイドルがドラッグで死んだ頃でもある。

 アルバム「Another ticket」と曲がいくつかダブっているので、その前段階のレコーディングだと思われる。「ん〜、たしかにこの曲はイマイチ」と思えるのがある。が、一ファンとしては、ただウレシイ限り♪というのが正直なところ。

 

(bgm nothing)