加藤喜一  -MORE THAN THIS- 
     Keach Kato's Daily Column
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
2/7(金) CHADライヴでした♪Thanks! 明日8(土)は「関口誠人のSPICY NIGHT」にゲスト出演します♪

 

 昨日6()は池尻大橋CHADでライヴでした。

 全国的に寒波とのことで、東京も昨日今日は極寒モード。

 そんな寒い中、いらしてくれた方々、ホント、感謝です♪

 

 演ってるオレの方と云えば、始まる前までは手がかじかんでたりもしたが、2曲ほどで一気に身体が熱くなり、例によって汗をかいていた。

 

 CHADも終始和やかムードでのライヴでした。

 次回CHAD4/15

 4/15では、目黒川の桜は散っているだろう。だが、もはや完全に春で暖かいはず。

 

 

 さて、明日2/8()は、元C-C-B関口誠人さんパーソナリティの渋谷クロスFM「関口誠人のSPICY NIGHT」にゲスト出演します。

 生放送で21:00から。

 番組サイトトップページより、リアルタイムで視聴できるようです。 http://shibuyacrossfm.jp/

 今回はトーク中心とのこと。

 関口さんは、先日荻窪・Doctor’s Barのライヴにもいらしてくれて、オレが無理やりアンコールに引っ張り込んだりもして、結構楽しかった。また病気も恢復したようで、以前よりも快活になっている。楽しい放送になることを期待して臨みます!!

 

 

 

  2月8日 (土) 渋谷クロスFM 関口誠人のSPYCY NIGHT
 
元C-C-B関口誠人さんの番組「関口誠人のSPICY NIGHT」に出演します。
21:00-21:50 生放送
番組アドレス↓
http://shibuyacrossfm.jp/

Facebook
Twitter
Instagram


番組メッセージはこちら↓
info@shibuyacrossfm.jp


 

 

(bgm nothing)

 

 

2/5(水)  明日6(木)は池尻大橋CHADでソロライヴ♪ 週末8(土)は、渋谷クロスFMで、元C-C-B関口誠人さんの番組「関口誠人のSPICY NIGHT」にゲスト出演いたします♪

 

 明日6()は池尻大橋CHADでソロライヴ♪

 20:00スタート 2ステージ お待ちしています。

 

 そして、週末8()は、渋谷クロスFMで、元C-C-B関口誠人さんの番組「関口誠人のSPICY NIGHT」にゲスト出演いたします。

 生放送。番組は21:00-21:50

 You Tubeの動画配信もあるようです。

 

 関口さんには、去年11月に別の番組でも呼んでいただき、大変光栄に思っております。今回は演奏はなく、トーク中心になるとのこと。またCDから何かかけることになるかと思います。

 

 

   2月6日 (木) 歌とギターとブルースハープ@CHAD vol.72 
 池尻大橋・CHAD

Facebook
https://www.facebook.com/chadliveinfo


加藤 喜一(vocal, acoustic guitar, blues harp)

■ open 19:00  start 20:00 2stage 
■ charge 2,000+order
■ お問い合わせ Tel:03-3710-8731※電話(18〜20時まで)
東京都目黒区東山3−15−14
東急田園都市線・池尻大橋駅東口を出てガソリンスタンドの脇、薬屋の2階です。


 
   2月8日 (土) 渋谷クロスFM 関口誠人のSPYCY NIGHT

 
元C-C-B関口誠人さんの番組「関口誠人のSPICY NIGHT」に出演します。
21:00-21:50 生放送
番組アドレス↓
http://shibuyacrossfm.jp/

Facebook
Twitter
Instagram

 

 

2020.1月の模様はこちら

 


番組メッセージはこちら↓
info@shibuyacrossfm.jp


 

 

 

 最強寒波が襲来とのことで、明日明後日は寒いようだ。今もすでに十分寒いが。

 体調崩さないように心がけたい。

 

 

(bgm nothing)

2/4(火) Thanks♪ 内海利勝&加藤喜一

 

 今日から立春。

 昨日節分は、内海利勝さんと自由が丘マルディグラでライヴでした。

 いらしてくれた方々、プレゼントをオレに、そして内海さんにもThanksでした!!

 

 「Feel kike a makin’ love」を。これが、オレもタツミさんも演ってる曲だということは、内海さんはどうやら知らなかったみたい。

 さすがにバッチリだったが、7月のRrespectライヴを見越して昨日、リハからやってみた。

 何はともあれ、昨日は終始、和やかなライヴ。内海さんの人柄によるものが大きいと思う。

 

 次回、2人でのマルディグラは、4/7() に、本日決定。

 

 ところで、昨日は節分。

 穴八幡でいただいた一陽来復のお守りを、夜中の12時に貼らなければいけなかった。

 急いで帰宅。

 無事今年の恵方である西のちょい南に向けて、一陽来復守りを貼る。

 

 これが、ライヴと同じくらいオレには昨日重要だった。

 

 Amazonプライムで、映画「オンリー・ザ・ブレイブ」を見る。

 文字通りアツイ男たちの話。この手ものは好きだ。しかも実話ベース。

 

 

 

(bgm nothing)

 

2/2(日) Thanks a lot!! 明日2/3(月)は、自由が丘マルディグラで内海利勝&加藤喜一です♪

 

 明日2/3()は、自由が丘マルディグラで内海利勝&加藤喜一です♪

 19:00open 20:00start 2ステージ

 お待ちしています!

2月3日 (月) 藤喜一&内海利勝 
自由が丘・マルディグラ

加藤 喜一 (vocal,acoustic guitar,blues harp)
内海 利勝 (vocal,electric guitar)
photo エミィ松澤



■ open 19:00 ■ start 20:00 2ステージ 
■ charge 2,800 +2 order
■ お問い合わせ・予約 Tel:03-3722-6892※電話(18:30以降)
メール(随時) livebar@jiyugaoka-mardigras.com
東京都世田谷区奥沢5-29-10 リブレB1
東急東横線・大井町線自由が丘駅南口より徒歩3分

 

 

 

 月日の経つのは早いもので、すでに2月だ。

 23月の確定済みのライヴスケジュールを更新しています。http://keachkato.com/live.html

 

 3月の鎌倉・Bar RAM21周年月間で、3/27()のオレのライヴはフィドルのふんじゃらひろあきくんと一緒に演ります。

 

 また、先のスケジュールになるが、6/6()に荻窪・club Doctor 20周年月間イヴェントとして、加藤喜一&箱崎昇with Doctor SALLYで全曲SALLYライヴ。メンバーは井原丈博(eg,cho)、井上百合(key,cho)、山崎真也(b)、川口伸王(d)

 そして同じく荻窪・club Doctorで、7/10()RESPECT 2 BLUES MEN #13が決定しました。こちらはオレのほかは内海利勝(vo.eg)、長洲辰三(vo,eg)、山崎真也(b)、川口伸王(d)

 詳細は後日に。

 

 

 京阪のライヴを挟んで数本のライヴがあった。いらしてくれた方々、遅くなりましたがThanks♪です。

 それらもあってか、まだ疲れは完全に取れていないが、いちばん気になる腰の調子はまずまずです。

 

 明日の内海さんとのライヴをはじめ、2月もお待ちしています!!

 

 

(bgm nothing)

 

 

1/31(金) 2020冬の京阪ライヴ その2 京都

 

 

 

 引き続き京阪ライヴ。26()は京都・河原町三条の遊心亭たじたじで25回目のソロライヴ♪

 

 当初の天気予報では大阪京都は曇りか雨だったが、どちらも午後からは晴れ間ののぞき、京都では青空も広がった。

 車で金閣寺へ。云わずと知れた超有名な寺だが、ライヴで毎年2度京都に来ているにも関わらず、なぜかいつもスルーしていた。だが、個人的には修学旅行を含め何度か来たことはある。

 それにしても、やっぱり目の前にすると、引き込まれるような圧倒的な存在感に驚きを隠せない。なにしろすべてゴールド!こんな建物は世界広しと云えど、ここだけではないだろうか。10代のときに読んだ三島由紀夫の小説「金閣寺」で、戦後に放火されのちに再建されたことを知ったが、それでもどうしてどうしてやっぱり圧倒的である。写真などで見るよりも実際に目にするとそれがよくわかる。

 

 というわけで、次回の京阪ライヴフライヤーの写真は金閣寺を使ってみようかと思っている。ちなみに今回のライヴフライヤーは大阪篇で、大阪と云えばイカ焼き、ということで阪神百貨店でしか売っていないイカ焼きの写真で作った。

 

 観光客の多くが外国人なのは金閣寺だけではない。次に廻った石庭で有名な龍安寺では、南米からと思われる団体客が賑やかに観光していた。ちょうど昼時だったので、龍安寺敷地内にある湯どうふの店で昼食。京都の湯どうふはやはり格別。

 

 そのまま世界遺産の仁和寺までわずかの距離なので足を伸ばす。おむろ桜という桜が有名なのだそうだが、もちろんまだ芽吹いてもいなかった。御朱印をいただき、河原町方面へ戻る。

 戻る途中、京都御所西にある護王神社に案内される。ここは足腰を恢復したい人に効き目があるという。

 ところで腰の方は、持参した野球の硬球でホテルの部屋の床でストレッチしていた。おかげでこの日もまずまずといったところ。ただ、鎌倉ライヴから3日連チャンなので、かなり疲労が溜まっていたのは仕方がない。

 大きなイノシシの絵馬が華やかで、明るい雰囲気の神社だった。足腰のご利益を期待し、参拝、御朱印をいただく。

 

 京阪ライヴはいつも時間がタイトで、バタバタとあわただしいのが常だ。たじたじの入りまで小1時間ほど時間ができたので、オレはホテルに戻って少し休むことにした。支度を整え、時計を見たら12分眠れそうだ。アラームをセットし、ベッドに寝転がる。

 わずか12分ではあったが、深く眠ったみたいで、アラームが鳴って起きたらアタマがスッキリしていた。

 

 遊心亭たじたじへ。マスターの藤本さんが出迎えてくれる。今回アンコールで藤本さんと演るのは、クラプトンがカバーしていたアップテンポのシャッフルブルース「Further on up the road」。オレと同年代でクラプトン好きな藤本さんは、この練習のためにこの日の朝800まで店で練習していたそうだ。

 

 チガーヌでは岡田尚とのセットということでSALLYナンバーが中心だったが、たじたじはソロなので、普段演っているセットリストで。

 常連の関西、西日本のファンの方々に加え、初めて来られた方々も!Thanksです♪

 1stステージの最後はSALLY「わがままなロマンティスト〜」を。疲れもあったが、アツイ拍手を受け無事終了。だが、息が切れそうで切れそうで。SALLYの曲は年々ハードに感じてくる。スポーツ用の酸素が欲しいと正直思った。

 2ndステージでは、最近演っている「It’s not the spotlight (訳詞Ken Takeuchi)」をラストに。

 そして、アンコールは藤本さんと。

 

 ところが、例によって藤本さんは出てくるなり立て板に水のトークショー。そしてありがたいことに毎度オレのCDの宣伝をしてくれる。しかも、今回は天井からスルスルスルとオレのCDが降りて来るシカケまでつくって、よしもと新喜劇風の小芝居を交えての紹介。

 

「いや〜、このシカケ、昨日の夜に仕込みましてん。今日来たお客さんにいつ気づかれるかとヒヤヒヤでしたわ」

 

 少なくともオレはまったく気づかなかった。でもおかげさまで売れました〜!

 さらに藤本さんは、たじたじのライヴ告知動画を、今回もハリウッド映画の予告編仕立てで作ってくれていて、ライヴ前からずっとモニターで流してくれていた。ちなみにこの動画は限定1枚のDVDに焼き、打ち上げに参加した方々の中から藤本さんとのじゃんけん大会での優勝者に今回も贈呈。オレと藤本さんのサイン付き。藤本さんにサインがあったことにちょっとビックリしたが!

 

 たじたじの打ち上げは、いつものように深夜まで続いた。みなさんと濃い楽しい時間を送れたことにオレも満足しています。お疲れさまでした!

 

 

 翌日帰京の前に、河原町近辺を歩く。午後は曇り。15:00頃から小雨が降り出してきた。

 前回買ったなすときゅうりのぬか漬けが美味だったので、寺町の漬物屋とり市老舗で、樽に入った自家製の漬物を買う。京都のすぐきは有名で、冬の今の時期から市場に出回る。

 

 寺町通りを錦市場の方まで下がった路地にある割烹「年増」で昼食を食べるつもりでいたら、なんと営業時間が変わっていてこの日は休み。

 近くで行列をつくっていた天丼屋にも入れず、三条イノダのそばにある、以前にも何度か行ったフランス風のカフェに。久しぶりに入ると店名が「オンズ」に変わっていた。が、メニューも多少違うが、ビストロ風なのは同じだった。和食を食うつもりだったが、肉を食す。

 三条イノダは珍しく満席。ギリギリでカウンターに座れたのはラッキーだった。立ち働くイノダの店員の、とりわけ珈琲を淹れる作業を眺めながら煙管をくゆらす。イノダでぼーっとしている時間が好きだ。

 

 烏丸の御金神社に福財布を返し、新しいものを御朱印とともにいただき参拝。

 ホテルに戻ってから荷物を受け取り京都駅へ。あっという間に帰京の時刻。新幹線の中では爆睡するつもりで乗り込んだのだが、なぜか眠れず。おそらく疲れすぎて眠れないというやつ。

 

 ともあれ、冬の京阪ライヴ2days、今回も盛況で終えることができた。いらしてくれた方々、お世話になった方々に深く感謝しています。また〜〜〜〜〜〜〜!!

 

 

(bgm nothing)

 

 

 

 

1/30(木) 2020冬の京阪ライヴ その1 大阪

 

 

 

 先週24()鎌倉・Bar RAMから昨日29()荻窪・Doctor’s Barマンスリーライヴまで、間に京阪ライヴを挟み、毎日ライヴが続いていた。ようやくひと段落したので、まずは京阪ライヴから。

 

 先週、谷口楽器で、FGのキーのスズキ10ホールズハーモニカMANJIのリードプレートを買って、京阪ライヴに備えたつもりだったのだが、Bar RAMでのライヴで今度はCのキーのMANJIが壊れてしまった。翌日は朝の新幹線で新大阪へ向かわなければならない。なので、大阪市内の楽器屋で、MANJIのリードプレート、もしくはハーモニカを買うことがまずは最優先課題と相成った。

 

 新大阪駅に到着し、出迎えの車で梅田に移動。検索しておいた三木楽器梅田店へ向かう。ヨドバシカメラの前で車を降り、あとは徒歩。この界隈、ここ12年で様変わりしてしまったようだ。梅田はモダンなビル街に変貌していた。

 ところで、三木楽器はググって確認しただけなので場所がよくわからない。とりあえずヨドバシのそばで車を停めてもらい、ヨドバシの脇を歩いて徒歩で向かうことにした。

 

 ヨドバシを半周したところで、店はどうやら車道の向こう側らしいことを知り、向こう側に行きたいのだが、道路には横断歩道がないではないか!ふと見上げると、ヨドバシの2階の外壁を取り巻くように、歩行者専用の外周デッキが巡らされている。これが向かいのJR大阪駅に繋がっていて、阪急梅田の方まで伸びている。まずはここに出なければいけないらしい。だが、地上から外周デッキに上がる階段は見当たらない。なんという構造!

 

「なるほど。だけどおそらくヨドバシの建物の中から外周デッキに出られるようになってるはずだ」

 

 エスカレーターで2Fへ。東京のヨドバシ同様、梅田店もとにかく広い。案内板を探すものの見つからないので、通りかかった店員に訊ねる。

 

「すみません。外周デッキに出るにはどう行けばいいんですかね?」

 

「え?ああ。外のですか。えーと、そうですね…。あそこのどんつきをひだりにまがってもうてください。ほしたら出ますんで」

 

 もし彼の指差す仕草がなければ、オレはどんつきの意味がわからないまま、ヨドバシマルチメディア梅田店2Fで途方に暮れたままで立ち尽くしていただろう。

 指差した方向の、はるか先が突き当たりになっていた。なるほど。それをどんつきと云うのか。云われてみれば納得。どんつきへと歩き出す。

 

 教えてもらった通りに、どんつきまで行ってどーんと左に曲がるとどーんと外周デッキに出た。デッキ真下の車道を空中で横断し、ルクア大阪のファンションビルをかすめるように通り過ぎる。後ろにはグランフロント大阪の大きなビル。これも新しいビルだ。

 ヨドバシの中を歩いて来た同じ距離を、今度はルクアの外周デッキで戻る。ようやく最初に横断したかった車道まで出た。右手下側にはJR大阪駅だ。大阪の玄関口だけにものすごい人混み。もう一度ググって三木楽器梅田店を確認する。目指すはどうやら阪急の梅田駅の向こうのようだ。

 

 外周デッキで繋がった梅田の駅の付近は、なにげに昔の大阪の匂いがした。右手の地上に向かう階段で降りると、細い路地に出た。Google mapでは楽器屋はこの先にあるらしい。…あった。

 

 あったのだが、MANJIはなかった。もちろんリードプレートもあるはずがない。

 この際、別の機種にしようかとも思ったが、散策がてらもう少し探してみることにした。三木楽器梅田店をあとにして、イシバシ楽器梅田店を目指す。新御堂筋に沿ってしばらく行くとビルの壁面にLOFTの文字とその隣に島村楽器の看板が見えた。島村楽器でもいい。LOFTの中にあるようだ。

 だが、ここにもMANJIはなかった。

 

 Googlemapではイシバシ楽器梅田店はここから徒歩1分。NU茶屋町というファッションビルの中にあるらしい。このエリアは比較的新しいのかオシャレな感じの店が多く、界隈は賑わっていた。NU向かい側がちょうど梅田駅のようで、あずき色の阪急電車がビルの中に吸い込まれて行くのが見えた。

 

 しかしながら、イシバシ楽器にもMANJIはなかった。だが、もはや時間的にここで決めざるを得ない。HOHNERの、カバーがプラスチック製の、云ってみればおもちゃのようなハーモニカがキャッシャーの前にあったので、それに決めた。Cのキーの曲はたしか23曲だったはずだ。京阪ライヴさえ持てばいい。すでにリードプレートは改めて東京で購入するつもりでいた。

 

 結局、楽器屋巡りで1時間半ほどが経過。このままライヴを行なうギャルリー・チガーヌに行ってもいいのだが、少しだけ時間があるので、今回移動を助けてくれた方の案内で、箕面の勝尾寺へ行ってみることになった。

 途中、「北摂のマダム」で有名?なエリアを通り過ぎたのだが、その「北摂のマダム」はひとりも見当たらずに、気がつけばくねくねした山道をひた走り、窓を開ければひんやりとした空気が流れてきた。

 この日の大阪は、到着時11℃と、東京よりもずいぶん暖かかったのだが、さすがに山の上は昼間でも少し寒い。

 勝尾寺は達磨と必勝祈願で有名なのだそうだ。広い敷地で、観光客も多かった。京阪ライヴ成功を祈願し、参拝。御朱印をいただく。

 

 

 さて、そしてチガーヌへ。すでにSALLY岡田尚が到着し、待っていた。

 ヤツは新型コロナウイルス予防なのかカーキ色のマスクをしていた。

 

「これはまだ日本未発売のマスクやで」

 

 ああ、マスク姿の岡田尚を撮るのを忘れた…。すぐにセッティングにかからねばならないので、撮ってる余裕がなかったのだ。いつもながら京阪ライヴはあわただしいが、今回はハーモニカ探しもあって、さらにあわただしさが増していたようだ。あわただしい中、あわただしく時事ネタソングのリハーサルを。

 

 もはや時事ネタの旬は過ぎた感もなきにしもあらずだが、今回のネタは、楽器ケースで逃亡したカルロス・ゴーンからカルロストシキ&オメガトライブに、と一旦は決めつつも、ヒット曲「君は1000%」を、オレも尚もサビしか知らないということであえなく却下。で、カルロス・ゴーンが日産CEOだったということで、歌詞に日産が出てくる曲と云えば1964年の小林旭「自動車ショー歌」。しかも惜しむらく、先日、小林旭夫人である元女優・青山京子さん逝去というニュースもあったので、追悼の意も表しつつというナイスな選曲。また余談ながらこの歌は元横綱・稀勢の里の宴会での十八番としても知られていて、年齢問わず有名な歌であることは間違いない。おそらくお客さんもご存知のはず。

 で、

 リハは割りとうまくいったのだが、本番は…。ギターが結構間違えまくりで、失礼しました!

 

 セットリストはSALLYの曲が多めで、それを期待して観に来られた方々には楽しんでもらえたかと思う。

 岡田尚は前回9月は急用で欠席だったので1年ぶりのオレとのライヴだったが、トークも含めて息が合っていたように思う。

 そして、1月いっぱいでチガーヌのオーナーを退かれる宮尾さんとのセッション。おそらくセッションはこれが最後となるだろう。オリジナルの「EMBM」とSALLY「バージンブルー」を。宮尾さんはベース。最後に相応しい楽しいプレイでお互い満足したと思います。

 

 打ち上げは前回同様、今回も鍋。

 初めて来られた男性ファンも輪に入って、話が尽きぬまま夜も更けて、打ち上げに参加した10数名の方々と宮尾夫妻とともに記念撮影。オレはiPhoneカメラで尚と宮尾夫妻、オレで撮ってもらった。

 

 ともあれ、あわただしい中ではあったが、無事に大阪ライヴ終了♪

 いらしてくれた方々、本当にThanksです!!

 

 

(bgm nothing)

 

 

1/23(木) 明日24(金)は鎌倉・Bar RAMでアンプラグド♪ 25(土)26(日)は京阪ライヴ♪

 

 

   明日24()は鎌倉・Bar RAMでアンプラグド♪

 19:30/21:00スタートです。お待ちしています。

 RAMのオーナーであるケンちゃんが訳したIt’s not the spotlightは当然明日も演るつもり。ようやく歌いなれて来た感じだ。

 

 


 

 

 そして、翌25()は京阪ライヴその1 大阪。

 ギャルリー・チガーヌでSALLY岡田尚と1年ぶりのセット♪

 今月限りでオーナーの宮尾さんは退くことに。宮尾さんとのセッションもおそらくあるだろうが、今回で最後となりそうだ。

 

 

   26()は京阪ライヴその2 京都。

 遊心亭たじたじでソロライヴです♪

 たじたじはソロで初めての関西ライヴからお世話になっている。藤本さんとのクラプトンセッションも楽しみだ。

 

 恒例の冬の京阪ライヴ。西のみなさま、お待ちしています。

 

 京阪用に荷造りし、宅急便で発送作業。腰の調子はまずまずだが、荷造り、梱包作業はまだ負担がかかる。無理しないように腰の調子を見ながら慎重に荷造り作業を。

 明日の鎌倉ライヴ、それから京阪用の時事ネタソングのギターの練習もしておく。あと、SALLYの曲も♪

 

 

(bgm Alone Together/ Jim Hall-Ron Carter Duo  prime music)

 

 

 

 http://keachkato.com/live.html

 

1月24日 (金) 加藤喜一♪ at Bar RAM  COMPLTETE UNPLUGGED     
 

鎌倉・Bar RAM

https://twitter.com/bar_ram
https://www.facebook.com/ramkamakura
https://www.instagram.com/ram_kamakura/?hl=ja


加藤 喜一(vocal,acoustic guitar,blues harp)
生歌 生演奏

■open 17:00
■start 19:30/21:00 2stage  
■投げ銭+order


■ お問い合わせ・予約等 Tel:0467-60-5156 お問合せは営業時間中にお電話にてお願い致します。17:00〜。 
神奈川県鎌倉市小町2-11-11




  1月25日 (土)   冬の京阪2Days その1・大阪
加藤喜一 with 岡田尚 (ex.SALLY)@ギャルリー・チガーヌ Vol.12
  

大阪/南船場・ギャルリーチガーヌ

Facebook

加藤 喜一 (vocal,acoustic guitar,blues harp)
岡田 尚(cajon,percussion,vocal)




■ OPEN 17:30  START18:30  2ステージ
■ charge ¥3,500 (1ドリンク付き)
お問い合わせ、ご予約開始は12/25(水)より。
12/29(日)-1/5(日)休業
TEL 06-6266-6700 / 090-1485-8699 
メール galerietzigane@gmail.com
大阪市中央区南船場1-7-3
最寄り駅:地下鉄堺筋線or長堀鶴見緑地線 長堀橋駅1番出口

★ライヴ終了後、打ち上げ開催(要別途会費)いたします。是非♪是非♪



 
  1月26日 ()  冬の京阪2Days その2・京都
加藤喜一 Solo 
歌とギターとブルースハープ@『遊心亭たじたじ』
Vol.25
   
 
京都/河原町三条・遊心亭 たじたじ

加藤 喜一 (vocal,acoustic guitar,blues harp)

■ OPEN 18:00  START19:00  2ステージ
■ charge ¥3,000(1ドリンク、1フード込み)  
お問い合わせ、ご予約開始は12/25(水)より。
1/1(水)-1/5(日)休業
TEL 075-221-6604 
平日17:30〜2:00 金土17:30〜5:00 日祝17:30〜24:00 

京都市中京区河原町通三条上ル下丸屋町401-6
最寄り駅:京都市営地下鉄東西線 京都市役所前駅 地下街ゼスト御池1番出口より徒歩1分


★ライヴ終了後、打ち上げ開催(要別途会費)いたします。是非♪是非♪