加藤喜一  -MORE THAN THIS- 
     Keach Kato's Daily Column
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
10/11(金) aja Thanks♪

 

 昨日10()は中野坂上ajaでライヴ。清水龍平とのセットでした。

 いらしてくれた方々Thanks

 

 ajaに入ったときには曇りだったが、帰りは小雨。台風19号の影響だろうか。

 19号は千葉に被害をもたらした15号よりも大きいとのこと。

 明日は、首都圏は交通機関がストップして、営業する店もほとんどないようだ。

 昨日のライヴで壊れたハーモニカのリードを谷口楽器に買いに行ったが、谷口も明日は休業とのこと。なにしろドトール等も明日は休業。お客はもちろん従業員の安全も考えてのことだろう。まあ、当然だと思

 

 オレもベランダの植木鉢のすべてを室内に運んでおいた。

 

 さて、ギックリ腰。前回のajaでのライヴの夜から発症し、約1か月。一昨日から良くなってきたが、いまだシップは欠かせない。腰よりも背筋の痛みに変わってきたものの、同じ姿勢で座り続けるのはまだ苦しい。ギックリ度的には、今日は0から+3くらいか。油断はできない。ただ、シャクトリムしのような起き方はせずに済むようになった。だが、それでもその起き方に馴れてしまったようで、フツーにシャクトリムシの姿勢を取ってしまう。

 

 

(bgm  Abbey road 2019 mix/ The Beatles   Prime music)

 

10/9(水)  明日10(木)は中野坂上・ajaでライヴ♪with 清水龍平(wb)

 

 明日10()は中野坂上・ajaでライヴ♪

 20:00スタート。

 清水龍平がウッドベースです。お待ちしています。

 

 http://keachkato.com/live.html

 

 http://aja-bar.jp/

 

 

 陽が落ちると、もはや寒いくらい。すっかり秋である。

 ギックリの方は、順調に恢復していて、今日は時折痛むがギックリ度的には0から+2くらいか。

 腰そのものよりも、背筋の痛みに変わってきた。なのでロキソニンテープの貼る位置がちょっと背中寄りになる。

 今日は久しぶりに、朝、両手で顔を洗うことに成功。ただし、膝は曲げた状態であるが。

 これまでは片手を洗面台についた状態でしか洗えなかった。

 ギックリ腰が発症して、もうすぐ1か月。

 おそらく全治1か月ということになりそうである。このまま油断しなければ、だが。

 

 明日も当然ながら立ちで演ります。

 

(bgm  Abbey road 2019 mix/ The Beatles   Prime music)

10/8(火) various 10/8

 

 

 

 ギックリは、ようやくギリギリ0になったか。

 油断しているとマイナスになるが、それでも1週間前よりはだいぶ調子が良くなってきた。座っているときに、たびたび姿勢を変えないといけないのは、相変わらずだが。

 

 テレキャスターのネック裏に240番のサンドペーパーをかけ、マットな木肌に仕上げる。自分で云うのもなんだが、もはや手慣れた感があり、ヘッドの方との境目には1000番のサンドペーパーでより自然に。最後にClassic waxを全体に塗って作業完了。いつでも触っていたくなるようなネックになった。

 

 

(bgm  Abbey road 2019 mix/The Beatles   Amazon music)

10/7(月) various 10/7

 20201月京阪ライヴ決定です。1/25()大阪 ギャルリー・チガーヌはSALLY岡田尚と。箱崎昇の参加はもしかしたらあるかもしれません。1/26()京都 遊心亭たじたじはソロです♪詳細はまた後日に。

 

 ギックリ度はマイナス5をキープ。慎重に動いているせいか、明日はさらに良くなっているような気がする。ロキソニンテープは朝晩取り替えている。ストレッチはムリのない程度に抑えている。

 

 GRECOのストラトのネック裏を、240番のサンドペーパーをかけ、ラッカーの被膜を取り除き、木肌をじかに感じられるようにしてみた。本来ならば、さらに目の細かいサンドペーパーをかけ、仕上げていくべきなのだろうが、ほんの少しザラついた感触が好きなので、このままにした。仕上げにKen SmithClassic waxを塗り込み、作業終了。

 ヴィンテージのムスタングが、ヴィンテージゆえに自然にそうなったのか、あるいはサンドペーパー処理がされていたのか、オレの手元に来たときにはすでに木肌のマットな手触りになっていたのでわからないが、その感触が好きになり、ほかのエレキギターもそういう手触りにしようと、結構前から考えていた。

 

 作業は思いのほか早く片付き、わずか10分足らずで終了。思い通りに仕上がったので、明日はテレキャスターをやってみるつもりでいる。

 

 

(bgm nothing)

10/6(日) thanks 草枕♪

 

 昨日5()は草枕でライヴでした。

 いらしてくれた方々Thanks

 

 もはや何度目かの戻ってきた夏。昨日の東京は30℃超えだった。だがさすがに半ズボンは躊躇し、フツーの長いヤツを。暑かったが…。

 草枕でも立ちでのプレイ。

 昨日のギックリ度数はマイナス10くらい。

 今日は昼間は比較的ラクでマイナス5くらいだったが、昼寝(というか夜寝)して起きたらマイナス15くらいでちょっと痛む。日によって違うというか、時間によっても異なる。

 

 立ってプレイしているときと歩いている最中がもっともラクだ。

 

 さて、12/29Eggman tokyo eastの年末イベントで、加藤喜一with 山崎真也&川口伸王が決定しました。

 いくつか出演者が出るはずなので、短い時間だとは思うが、久しぶりに2人と演ります。詳細は後日に。

 

 

(bgm nothing)

 

10/4(金) Thanks Doctor♪ 明日は草枕♪

 

 昨日3()は荻窪・club Doctorで、Honcky&Gacky、内海利勝、高橋研、加藤喜一によるイヴェントライヴでした♪いらしてくれた方々Thanks

 

 6月以来同じメンツでのライヴということもあって、終始わきあいあいなムード。お客さんも結構お酒が進んでいた方が多く、パーティー的な雰囲気で盛り上がった。

 なにしろ始まる前に、出演者全員で、Doctorと懇意でありまた来週末荻窪ロックフェスティバルの主催者でもある荻窪の居酒屋・鳥もとで一杯やってきたほど。ライヴの時間のため、オレたちがDoctorに戻るのに合わせ、鳥もとの大将も一緒にやって来た。Doctorではこういうことは珍しくはないが。

 

 フリードリンクフリーフードのイヴェント。フードの方はかなり充実していて、ランチボックスのような弁当まであった。帰りに持ち帰ったお客さんも少なくなかったのではないだろうか。作ったのは、上のDoctor’s Barの加藤さん。オレのマンスリーライヴでも彼のメニューは評判が良い。

 

 オレは例によってHockyの要請で全曲SALLY。研さんは「翼の折れたエンジェル」、内海さんはキャロルと、知られた曲をセットリストに組み入れてプレイ。最後は全員でディランのHeaven’s Door。なんだかんだ、全員のセットにカホン、ドラムのGackyが参加し、いちばんの活躍はGackyだったのは前回と同じ。むしろ彼がメイン(?)とも。

 ともあれ楽しいライヴでした。

 研さんもまた、先日オレと同じくギックリ腰になっていたとのことで、いろんなゴッドハンドに診てもらったらしいが、

 

「結局、自然治癒だったね〜」

 

 オレはと云えば、昨日今日は比較的ラク。とはいえ、ギックリ度数はマイナス10くらいか。座ったままで長い時間いると腰が痛くなる。

 というわけで、明日10/5()、西新橋・草枕でのソロライヴでも立ちで演ります。

 お待ちしています!!

 

http://keachkato.com/live.html

 

(bgm nothing)

 

10/2(水) Thanks♪マルディグラ 明日はclub Doctor♪高橋研、内海利勝、加藤喜一、Hocky&Gacky

 

 昨日10/1()は自由が丘マルディグラで内海利勝さんとライヴでした♪

 いらしてくれた方々Thanks

 

 昨日から消費税が10%に。一部は8%のままだでややこしいが、いずれはすべて10%になるのだろう。

 そんな中で、昨日の東京は30℃超え。まだ残暑漂っている状態だが、さすがに日の暮れは早い。そして秋冬の日暮れらしく、日没後は一気に暗くなる。

 

 前回に引き続きマルディグラには中村係長が来てくれて、例によってハープで参加。彼はあかだのライヴにも来るとのこと。お待ちしてます♪

 

 治りかけていたギックリ腰。その前の日のまではマイナス5くらいのつもりでいて、もはや治ったかと思っていたら、ライヴ当日の未明に、尿意を催し目覚めたのはいいが、いつもの慎重な起き方を省略したとたん、一気にギクッ!

 マイナス20に逆戻り。

 内海さんとのライヴでは座って演るつもりだったのだが、立ちでのプレイとなった。

 もうずっと立って演っていくのかもしれない。が、それも良いかもしれない。

 座っているより立っている方がラクである。

 

 というわけで、明日10/3()の荻窪・club Doctor

 オレはこちらも立ちでのプレイです。

 6月と同じ出演者で、Honcky&Gacky、内海利勝、高橋研、加藤喜一でお送りいたします。

 フリードリンク&フード。

 お待ちしています。

 

 

http://3rushmusic.com/ogikubo_club_doctor.html

 

http://keachkato.com/live.html

 

 発売したばかりの文芸春秋別冊「萩原健一 傷だらけの天才」をさっそく読む。

 3月に亡くなったショーケンの特集。顛末があやふやなまま企画倒れとなった映画のその後など、知りたかった話が。表紙と裏表紙はかつて70年代にBIGIから出された写真集のカット。

 

 

 

(bgm nothing)