加藤喜一  -MORE THAN THIS- 
     Keach Kato's Daily Column
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
7/1(水) 明日はツイキャス配信ライヴです♪

 

 昨日6/30()は自由が丘マルディグラでライヴでした。

 いらしてくれた方々Thanksです♪

 

 コロナの中ではあるがマルディグラも営業を始め、とは云え、まだライヴ本数は圧倒的に少ない。

 昨日は内海さんとユニットを演っているジョー山中のバンドにいた細川雅史さんも来てくれて、内海さんのリクエストでオレと2曲セッション。そういう突発的なこともライヴならでは。

 

 さて、明日7/2()は、横浜・Sam’s Barで加藤喜一&内海利勝with コンディのライヴ配信♪

 ツイキャスで20:00スタート。3ステージを予定しています。ご視聴のほどよろしくお願いいたします。

 

7月2日 (木) 加藤 喜一&内海 利勝 with コンディ 無観客配信ライブ

横浜・Sam's bar

ツイキャスでの無観客配信ライブです。https://twitcasting.tv/
配信ライブチケット ¥2,000
配信ライブチケット+お店支援 ¥2,500
の2種類のチケットを用意しています。


チケットご購入されると、 配信当日直前に配信用のURLと合言葉を、、ご購入時ご登録のメールアドレスへメールにてお知らせします。 それによって、ご視聴出来ることになります。




視聴方法(参考)https://note.com/kinoko_zip/n/n2b9fef5c0ade

20:00スタート 
ツイキャスは30分制限のため、30分ステージ休憩10分のセットを3セット予定しています。


尚、視聴は7/5(日)23:00まで可能です。


加藤喜一(vocal,electric guitar,blues harp)
内海利勝 (vocal,electric guitar)

コンディ(wood bass) 


■ お問い合わせ等 Tel:045-243-2299 
横浜市中区宮川町2-55 TKビルB1F



 

 

 「Spotlight」のMixの、さらに細かいところをオーダー。エンジニアの伴野さんに伝える。

 

(bgm nothing)

6/29(月) 明日30(火)は自由が丘マルディグラで内海利勝&加藤喜一です♪

 

 明日30()は自由が丘マルディグラで内海利勝&加藤喜一です♪

 マルディグラはWebサイトをリニューアルしたようです。

https://jiyugaoka-mardigras.jimdofree.com/?fbclid=IwAR0qC39RVSVZ8AfFpMjZ5enDMMTO64Fyvt7g-SjtAqcKHtLZZsd3MAtK1vQ

 

 こちらはオレの。https://keachkato.com/live.html

 相変わらずFacebookinstagramではこのURLをなぜかいまだに投稿できない。TwitterではOKなので変わらず発信していきます。

 

 

(bgm nothing)

6/28(日) 加藤 喜一&内海 利勝 with コンディ 7/2(木)無観客配信ライブです。

 

 7/2()は、加藤 喜一&内海 利勝 with コンディ 無観客配信ライブです。

 横浜・Sam's bar
ツイキャスでの無観客配信ライブです。https://twitcasting.tv/

 

チケット販売サイトURL
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/011nxs111sy32.html

配信ライブチケット ¥2,000
配信ライブチケット+お店支援 ¥2,500
の2種類のチケットを用意しています。

チケットご購入されると、 配信当日直前に配信用のURLと合言葉を、ご購入時ご登録のメールアドレスへメールにてお知らせします。 それによって、ご視聴出来ることになります。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 「Prison Break」のTバッグこと、ロバート・ネッパーの出演作品を探したら、なんと以前観たジェイソン・ステイサムの出世作シリーズである「トランスポーター3」に出ていた。観たときにはまったくノーチェックだったので、改めて観始める。年代的に、「Prison Break」でロバート・ネッパーがブレイクしたことによっての抜擢となったのは間違いない。もちろん悪役。

 男の皺はセクシーさを表現すると云われているが、彼の顔の皺もまた魅力的だ。そういう顔に憧れはするものの、オレは残念ながら似合いそうもない。

 「It's not the spotlight」のMixは良い出来で、オレの額の縦皺は解消され、むしろ、今、だら〜んとしている。

 

(bgm nothing)

 

6/27(土) RAMライヴでした。Thanks♪ 

 

 昨日26()は、鎌倉・Bar RAMで緊急事態宣言以降、お客さんを入れての初めてのライヴでした。

 いらしてくれた方々Thanks

 RAMでの顔なじみのお客さんも入れ替わり立ち替わり現れて、かつてのようなホットな雰囲気だった。

 RAMオーナーのKenちゃんも終始ゴキゲンで、例によって後半はセッション。ライヴに満足したようだ。

 

 さて、昨日の朝は、オレは完全に寝不足で、伴野さんから上がってきた直しのMixが、思っていた通りになっていなかったことに一晩中悩んでいたからだった。元を正せば、オレの送ったメインのVoトラックの一部が不出来なせいなのだが、そこに思い至るまでに何度も逡巡し、録り直す覚悟をしてようやく寝たわけで、つまり自分に腹を立てていたということなのだが…。

 

 3時間で目が覚め、鏡を見たら、眉間と額に深い縦皺が4本!目の下には隈が出来、その周りにも皺が。まるで悪霊に祟られたような顔をしていて、自分でもどん引き。

 

 伴野さんに、部分的に録り直すことを伝えるメールを送ると、別のVoトラックから差し替えてはどうかという返事があり、よく考えれば、部分的なところなので録り直すほどのことでもないのかもしれない。さらには、声の音色が変わってしまうと繋げられないということも伝えられた。普段であれば、そういう考えにオレも行きつくのだろうが、悩みに悩んで、冷静さを失っていたのかもしれない。伴野さんの意見に従い、部分的に差し替えてもらうことにし、昼から少し寝ることにした。次に起きたときは、だいぶマシな顔に戻っていた。

 

 RAMでは気持ち良くライヴが出来たおかげで、前夜の悩みも発散できたようで、また伴野さんからは改めてMixを仕上げて送ると連絡が来たこともあり、昨日の夜はぐっすりと眠ることができた。

 で、今日、さっそく届いたMixをチェック。

 

 バッチリでした♪

 

 申し分ない旨をまた伴野さんに伝え、じっくり聴いてくださいとのことなので、しばし、寝かせて、また聴き直してみるが、間違いなくパーフェクトだと思う。

 

 

(bgm nothing)

 

6/25(木) 昨日はDoctorありがとうございました♪ 明日はRAMです♪

 

 昨日24()は、荻窪・Doctor’s Bar3か月ぶりのマンスリーライヴでした。

 いらしてくれた方々thanks

 

 コロナの影響はまだ色濃く、3密などとは程遠い、安全な人数でのライヴでした。Doctorは飛沫防止のアクリル板をVoの前に置いてあったが、歌ってるオレは全然気にならなかった。安全策のためには必要なこと。

 

 初めてのお客さんは30代男子で、You Tubeで検索して、気に入ってくれたようで、それで観に来たのだそうだ。そういう瞬発力はありがたい。しかもまだこんな時期に。

 

 ライヴ中、プリズンブレイクの話をしたら、Doctorの加藤さんが相当気になって来たらしく、観そうな勢いで終わってからいろいろ訊ねてきた。

 

 

 さて、明日は鎌倉・Bar RAMで生音ライヴです♪

https://keachkato.com/live.html

 

 

 本日は、先週コロナぼけで、すっぽかした歯医者へ。

 

 伴野さんとMix案のやり取り等々。どうしても譲れないくらい気になる箇所があり、それを直してもらうことになった。というか元に戻してもらうということ。

 

 

(BGM nothing)

 

 

6/23(火) 明日24(水)は荻窪・Doctor’s Barでソロライヴ。

 

 明日24()は荻窪・Doctor’s Barでソロライヴ。

 3か月ぶりだろうか。

 世の中も次第にかつての日常に戻りつつある。まだ、コロナの懸念はあるが、こちらもやっていかなくては身が持たないので徐々に再開し始めているところだ。

 どうぞ♪お待ちしています。

6月24日 (水)   加藤喜一マンスリーライヴ at Doctor's Bar


荻窪・Doctor's bar

加藤喜一 (vo,ag,harp)


■ open 19:00 ■ start 19:30
■前売 2,800+1D(500)当日3,300 +1D(500)
〈Happy Hour〉
オープン〜スタートまで、¥1000で3ドリンクチケット販売

■予約・お問い合わせ http://www.kouenji-reef.com/index.php?mail
Tel:03-5335-7057
〒167-0043東京都杉並区上荻1-16-10ローレルビル4F




 

 

 池尻大橋・CHADからも今月20日から再開し始めたようで、ライヴのオファーをいただいた。

 8/7()、確定しました♪

 

 

 伴野さんから「Spotlight」のMix1案が送られてくる。

 いくつかオレの方で、気になるところを指摘し、直してもらうことに。

 全体的にキラキラした例によって伴野さんらしい、というかオレらしい、良い仕上がりになっている。

 伴野さんが足したブラスはさすがにシンセなので、本物の音ではないが、聴きようによっては、超うまい、正確なブラスセクションとも云える。これに関してもちょっと直しをリクエストしておく。

 オレに足りない部分を伴野さんが補ってくれているというか、客観的な視点で補正してくれているのが、Mixを聴いていてよくわかる。

 さらに何度かやり取りを重ねて完成にいくのだろう。

 そして「Spotlight」訳詞者でもあるRAMKenちゃんのコーラスが、いかにもロックっぽくて良い感じのアクセントを与えてくれている。

 

(bgm nothing)

6/22(月) various 6/22

 

 ようやくAmazonプライムビデオ「Prison Break」の視聴が終わった。

 刑務所からの脱獄は、陰謀から解き放たれるために必要なことだったわけだが、「脱獄」という言葉はそれぞれのキャラクターにとっては微妙にニュアンスが異なり、とりわけオレが入れ込んだロバート・ネッパー演じる凶悪犯のTバッグに関しては、凶悪犯である(あった)自分自身からの解放というところに共感を覚えた。だのに…、なぜ…。だが、最後はやはり凶悪犯の凶悪犯であるTバッグが締めてくれた。

 

 このロバート・ネッパー、抜群の演技力に加え、ルックスの良さ、衣装の着こなし、身のこなし、喋り方、表情などなど、オトコのオレが見ても十分過ぎる色気を感じる。凶悪犯の役柄だが、そういうところが魅力的なのだ。今風に云えば、「ヤベえ!Tバッグ、魅力しかねーわ!」ということになるのかもしれない。

 

 というわけで、今度は吹き替え版でシーズン1から視聴予定。Tバッグの日本語吹き替えが気になり過ぎてマジヤベーわ!

 

 

(bgm nothing)